土江子ども神楽は島根県大田市長久町土江地区に300年以上伝わっている伝統芸能です。

公演予定・履歴

石見銀山資料館記念公演

公演日:2011年7月3日

時間:10時00分〜
場所:石見銀山資料館
演目:未定

大きな地図で見る

4件のコメントがあります

  •  7/3 日曜日世界遺産センターにおいてイベントにあわせて2回の神楽公演を行いました。久しぶりに高校生達も勢ぞろいして日頃の公演とは違っていました。やはり長年神楽を舞っているメンバーはうまかったです。丁寧に力強く優雅に舞っていました。観客のみなさんは釘付けになっておられたと見えました。
     午前中の1回目の公演を見て、午後の二回目(午前中と演目は違えています)の公演をわざわざ見ていただいた方もありました。「1回で帰るつもりであったが、あまりにもすばらしかったので、昼ごはんも買って2回目も見た。見ごたえがありました」と感想をいただきました。私たち保護者も面白くて一生懸命に見入ってしまいました。神楽団の小さい子ども達にとって先輩の舞う姿を真剣に見ていました。

  • 今回、世界遺産センターでの公演、韓国から帰国した琢磨君の歓迎のため急遽、土江子ども神楽団OBを中心にした神楽になり、その迫力と華麗な舞に魅了されました。弓八幡も平素は、初心者の演目としていましたが本当に魅入ってしまいました。
     塵輪は残念ながら赤鬼君が部活練習で来れないため、大ちゃんがピンチヒーター、光ちゃんとの舞、良かったですね。
    また、黒塚は神のメンバーが上級生とやれるということでずいぶんと喜んでいましたね!賜姫の早変り会場から思わずオーという歓声がわきあがっていましたね!
    現役の団員の皆さん、OBに負けないよう頑張って!

  • ひと味違う舞いが見れて良かったです。
    休憩時間に、無料で世界遺産センターの館内も見れ一石二鳥でした。

  • 近くて遠い世界遺産センターです。管内が見れて良かったですね!でも、未だ大久保間歩は入っていません。一度は入ってみなくては・・・。

コメントを書く

コメント内容