土江子ども神楽は島根県大田市長久町土江地区に300年以上伝わっている伝統芸能です。

公演予定・履歴

三原谷の川の風まつり@兵庫県豊岡市

公演日:2012年10月28日

時間:13時00分〜
場所:旧大森小学校講堂
演目:頼政・恵比須・大蛇
詳細:三原谷の川の風まつり

8件のコメントがあります

  • 豊岡行きたいなあ・・。いろいろ調整中です。
    (行くならマイカー日帰りで。がんばります・・・。)

  • 颯ちゃん行けないですか?もし、行けなかったら早めに連絡してください。バスや泊まり、代役の関係もありますから・・・。

  • かぐらさん
    多分、当の本人のことではなくその他の家族のことだと思います。
    すみませんm(_ _)m

  • 崇史君と颯太朗君による「桃太郎」の脚本ができました。これから小学校低学年による練習に入ります。演出から振りつけ等々、二人がどんな神楽を作るのかとても楽しみです。
    それにしても小学生は先輩の言うことを良く聞くね。
    光太郎君も舞の指導に力を入れていました。それとなく押しつけでなく上手に教えていましたね。感心しました。

  • 今年もありがとうございました。m(_ _)m
    いつも講堂を満員にしていただいてありがとうございます。来年も頑張ります。

  • 毎年本当にありがとうございます。イベント終わってから会う人、会う人に(初めての人もリピーターも、地元のおばちゃん達も)良かった❗って言われます。今後ともよろしくお願いします。

  •  今朝、7時過ぎにいきなり玄関のチャイムがなり、驚いて出たところ、出石永楽館で土江子ども神楽団の神楽を観て感動したと我が家を訪ねて来られた人がありました。福知山から来たと言うことでしたが、九州に旅行する途中に調べて立寄ったとのことで遠くからの来訪に私の方が感激しました。「来年も是非永楽館で舞ってほしい」との言葉ももらいました。
    来年も絶対に行きますと感激のあまり応えましたがこんなに喜んでもらえるとは本当にやりがいがありますね!

  •  今日は、島根県保育士研修会の懇親会に呼ばれ、恵比寿・天神を舞いました。会場野保育士さん達は、目が点になるほど神楽に入りこんで終わった瞬間に拍手の嵐、御蔭で神楽が上演された1時間はオードブルに手をつける人は皆無椅子から立ち上がり方に力が入っている様子がありあり、本当にスピードと言い迫力、キレは素晴らしかった。それを引き出した崇史君の大太鼓、場面場面においてリズムや強弱がしっかりきかされ、また、低音の良く響く神歌が舞の迫力を引き出していた。また、笛、小太鼓手拍子と一体となった奏楽の素晴らしさを味わえた。やはり大太鼓が、胴元と言われるゆえん、良くわかった今日の公演でした。
    最高!

コメントを書く

コメント内容