土江子ども神楽は島根県大田市長久町土江地区に300年以上伝わっている伝統芸能です。

公演予定・履歴

石見銀山神楽定期公演

公演日:2014年7月5日

時間:13時30分〜
場所:大森町並み交流センター
演目:未定

22件のコメントがあります

  •  久しぶりにメールを送ります。この間に何回かチャレンジをして長い文章を書いたのに最後の送信で失敗をしてしまっていました。今日も心配ですが、短い文章にして送ってみます。先日、ホームページを大切にしようという声があり、私もそのとうりと思い送ったのですがなかなか到着しないところです。まず、本日は送信できるか、そのために送ってみます。みなさんも、コメントを載せてみてください。

  • にっぽん丸から土江子ども神楽団の評判が素晴らしかったとのことで感謝状が竹腰大田市長から6月13日(金)午後4時から授与されることになりました。
    全員が参加してほしいのですが、学校もありむつかしいけどテレビや新聞社も来るとのこと何とかたくさんのメンバーに来てもらいたいですね。

  • なかなかコメントが載りません。captcha;が何とかならないものかね?最近、コメントが入らないとの苦情も寄せられています。
    フェイスブックからそろそろホームページに帰ってもいいかもね!

  • コメントの件、ご不便おかけしてますm(__)m
    広告スパムが多くて対応に困っています。
    システムを変えたいのでですが、ちょっと大掛かりになりそうなので待ってくださいね(^^;

  • 了解しました。
    よろしくお願いします。

  • 今日はサッカーのコートジボアール戦があり、練習に来るのは少ないかなと思っていたけど案に相違して30名あまりのメンバーが集まって練習を始めた。
    特に初めての創作演目「松山城」の練習がタカシ君、ソウちゃんの指導でスタートした。
    8月10日の地元の野井神社の夏祭りで披露できれば最高だけど・・・。

  •  神楽団の練習を見に出かけて、特に気が付くのは、高校生が中学生に指導をし、その指導を受けた中学生が小学生に教えている姿を見ることです。子どもたちが随分と成長していると思います。自分が学んだことを他の子どもに教えることは、より自分のものとなり成長することと思います。また、奏楽についても厳しく指導がされています。小学校1年生であっても容赦なく指導しています。大人は素人であってとても子どもに指導などできないことが、かえって高校生をはじめとして中学生たちの出番となっていることが効果的だと思われます。高校生が新作の演目を作り練習も始まり、配役・奏楽まで決めています。頼もしい限りです。

  • 豪華客船「ダイヤモンドプリンセス」から神楽公演の依頼がありました。外国船籍で最大級のものです。
    青森から境港までの2泊3日の間にということでしたが、残念なことに平日のため断念しました。
    日本丸での高い評価が広がっているようでうれしいですね!

  • ホームページがリニュアールされて投稿しやすくなりました。団員の皆さん、保護者の皆さん、どんどん投稿くださいね!

  • 今日の銀山エレビに大田市長から授与されたにっぽん丸の授賞式の模様が放映されていました。子供達はみんなうれしそうで、生き生きとしていましたし、竹腰市長も孫を見るようなにこやかな顔でたいおうしてもらいましたが、気に入らなかったことは私の姿が入っていたことです。すっかりおじいさんになっていて、これが本当の姿かと思うとガックリ!もうカメラの前には立たないようにしよう。

  • あはははは♪

    38.2度

  • ぎんざんテレビに、これでもか!と言うほで出ていました。「もう いいでしょう」
     夏場に短パンで帽子をかぶり、9号線をウオークする姿は若々しいです。

  • それはだれのかとかな?
    もうこの生活から逃げられない人のようです。
    S・Tさん、早朝のウォーキングは気持ちがいいそうですよ。どうですか?

  • 川上先生から新作神楽「剣田の塚由来記」の案を頂きました。
    福間 崇史君の台本に参考になればと思います。
    崇史君に渡しますので「松山城」の参考にしてみてください。

  • 今日、波根海岸で開催されるキャンドルナイトへの神楽公演依頼、祖式文化祭への依頼がありました。
    本当にたくさんの依頼があり、うれしいことですが、団員のみなさん無理をしなくてもいいです。都合の悪いときは遠慮なく休んでください。
    特に7・8月は忙しいです。

  • 崇史君の神楽台本【松山城】とは別に、川上先生から同じ佐和奥連(さわ おくつら)を題材とした「剣田の塚由来記」という神楽台本をもらいました。
    基本は、崇史君の台本で創作神楽に取組みますが、参考にしてみればよい台本が仕上がっていくものと覆います。
    地元、長久町川北や野井の皆さんをはじめ結構、楽しみにしている方があります。特に野井神社の朝倉宮司さんは8月10日の祭りには舞ってほしいと期待されています。頑張りましょう!

  • 7月27日の日曜日に土江子ども神楽団メンバーの納涼会を予定したいと思います。
    今回は、まちセンでなく会費制で開催したいと思います。具体的には役員会で相談します。

  • ホームページが新しくなりとても面白くなりましたが、
    大きな子ばかりでなく小さい子の神楽を舞っている写真も見たいですね

  • 7月から8月にかけて、公演の機会がたくさんあって保護者のみなさんは大変ですが、子どもにとっては出演機会が増えて喜んでいると思います。夏の暑い日中、夜と一日に3回の公演も入っています。私たち役員も年齢が高くなって疲れやすくなっていると感じています。今年の夏の公演を乗越えていくことは大変だとおもっていますが、身体の体調管理をして何としてもやりきろうと思っています。その間に、高知県の高校野球の応援にも出かけようと思っています。神楽の上に野球の応援も加わり、今年の夏は一段と暑くなりそうです。神楽団を取り巻く皆さんのご協力をお願いします。

  • 先日、土江子ども神楽団の納涼会を7月27日と載せましたが、例のごとく私のうっかりミスでした。T・Ssんから指摘を受け、訂正します。
    7月21日の祝日にロード銀山で予定しています。おって案内状をでしますのでよろしくお願いします。指摘をしてもらったTさんありがとうございました。
    27日は予定通り金子旅館でゆっくり飲みます。よろしくお願いします。

  • 6月はあと1日で終わり、今月はめずらしく公演が全くなくてほっとしたような寂しいような月江下が、いよいよ夏休みに向けて公演が押し寄せてきます。
    無理のないように楽しんで神楽を舞いましょう。

  • いつも大変お世話になっております。
    本日はお電話で失礼いたしました。
    快く出演をお受けいただいて、本当にありがとうございます!

    先ほどお話した件ですが、中四国9県で持ち回りで毎年開催している「中四国文化の集い」という催し物が、
    11/2(日)に島根県民会館大ホールでございます。
    今年は島根県が担当県で、神楽と獅子舞をテーマに開催することになりました。

    11/2(日)は大人の中四国の神楽・獅子舞団が10団体(島根県が2団体)出演しますが、前日の11/1(土)には島根県の子ども神楽の3団体による「しまね子ども神楽フェスティバル」を開催します。
    土江子ども神楽団の出演よろしくお願いします。

コメントを書く

コメント内容