土江子ども神楽は島根県大田市長久町土江地区に300年以上伝わっている伝統芸能です。

公演予定・履歴

第3回子ども神楽体験教室

公演日:2016年3月12日

時間:14時〜(3月12日〜13日)
場所:三瓶青少年交流の家

公演報告

土江子ども神楽団では、一応の区切りとして中学校卒業とともに神楽団も卒業になります。

今年は、4人のメンバーが卒業、高校はバラバラですが、小学校1年生から今日までの活動は、強いきずなで結ばれています。

この4人のメンバーがいないと公演ができなくなることもあり、当面は手伝ってもらいます。

しかし、いつまでも手伝ってもらうわけにはいかないこともあって、毎年、国立三瓶青少年の家で次の後継者づくりを目指して神楽合宿を行います。

今年は、3月12日〜13日の1泊2日の日程で39名のメンバーが参加。神楽面工房を主催する小林泰三氏を講師に招き「神楽の起源・神楽の面白さ、楽しさ、迫力など、その醍醐味を話してもらいました。

また、上級生から幣節や鬼棒など神楽道具作りの指導を受け、今後の公演では自分たちが作成することが求められました。

神楽練習では、30数演目の基礎となる舞や奏楽を徹底的に行いました。短い期間でしたが、夜遅くまでの交流や生活体験は今後の活動に役立ちます。

コメントを書く

コメント内容